東京徘徊2018年12月11日

11日火曜日は奥様が休みを取ったとの事で東京行きへお供。
銀座を中心に千代田線沿線の徘徊でした。

画廊宮坂 木原和敏展
ギャラリー アートもりもと 本木ひかり展
奥野ビル 306 内田すずめ展
春風洞画廊 幻灯会展
ギャラリー須知 ―CISTRON― 写実の遺伝子
あかね画廊 e n  四人展 光風会を中心としたグループ
美の起原展
飯田美術 第13回 リアリズムの世界展
松屋銀座 ピッコリーノ展 小さな絵画コレクション9
和光 秋元雄史監修 もう一つの工芸未来派
ヤマタネと郷さくら美術館

とりあえず記録。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック